ブログトップ

現像に1週間かかるとは?

やっと現像できました。
何故かというと、10年前のコニカミノルタ製のネガフィルムがあったので、
お金掛ける必要もなく富士フィルムでなく安いコダックでお願いしたからです。
でも待ち遠しかった。
その待ち遠しかった10年前のフィルムは見事にアウト!
光入ってるし、退色してるし、荒くなってるしどう保管してたのでしょううか。
まあ、ヤフオクで落札したカメラのおまけですから、そんなものかと。
現像代がもったいないです。

その中のまともな1枚。でも少し色があせた感じ。味といえば味ですが。 
e0382855_20181508.jpg
アウトはこれです。ASA100のフィルムなのに、800くらいの荒れようです。端は感光してました。
e0382855_20212013.jpg


以下はvelbia100(リバーサルフィルム)
冷蔵庫で5年保管していました。賞味期限切れて5年ですから、製造してからは7年くらいでしょうか。
保管が良いと、まったくそん色なく使えます。
全部トリミングして少し拡大しています。
スキャナーで取り込んだ時にゴミも一緒にお友達にしていますが、ご勘弁を。
e0382855_20255976.jpg
流石velbiaです。発色が素晴らしい。でも高いんですね。ネガの倍します。
e0382855_20274422.jpg

e0382855_20282312.jpg

e0382855_20285202.jpg

e0382855_20291200.jpg

e0382855_20295771.jpg

e0382855_20301514.jpg

e0382855_20303764.jpg

e0382855_20310699.jpg

e0382855_20312841.jpg

e0382855_20315855.jpg

e0382855_20322110.jpg
でもそう簡単に買えるフィルムではないので、ここ一番の時に使うしかないです。



by mrxnoshyashinkan | 2018-02-27 20:35 | 銀塩写真の世界 | Comments(0)