ブログトップ

ピントは大切

ピントが今一で迫力に欠ける画像ばかりの IXY Digital 910 IS (IR改) がようやく正常に。
ローパスフィルターと同じ大きさのPET樹脂の板を接着剤の剥がし跡に綺麗にはめ込み、
ポジフィルムの無露光部分を敷いて、
ゴムの枠を敷いてCCD基板を被せネジで固く押さえつけました。
ピントが来ると被写体の解像度も増したような気がします。
これでIXYを持って出る機会も増えますね。

e0382855_18531800.jpg
IXY Digital 910 IS (IR改)
Commented by Penta at 2018-08-14 19:49 x
自分でカメラを分解、改造出来るといいですね。

空が黒っぽくて、緑が白くなって、赤外線してますね。(笑)
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-08-15 09:36
Pentaさん
カメラやレンズの分解は思うほど難しくないです。
でも、ネジの頭をなめてバカにして分解できないとか、まともに元に戻せないときもあります。
ジャンクカメラやジャンクレンズですから、失敗してもそんなに金銭負荷はないです。
ただ一度,手持ちのD40Xをアストロカメラ(ペルチェ素子でCCD冷却)に改造してエラーが出て壊したことがありますので、それ以降の分解はジャンク物だけにしています。
by mrxnoshyashinkan | 2018-08-14 19:10 | 赤外線写真の世界 | Comments(2)